注目の記事 PICK UP!

レオナルド・ダ・ヴィンチにまつわるエピソードを紹介します。

人体解剖

レオナルドはその飽くなき探求心から、正確な人体知識を得ようと人体解剖の場に立ち会うようになります。

その後自身でも相当の数の人体解剖を行ったといいます。

時には眼球の解剖を通して光と眼球の原因を解明したり、妊婦の解剖をして妊娠の原理と胎児の成長の過程を解き明かそうとしました。

 

また空を飛ぶことを夢見ていたレオナルドは、鳥の骨格などの研究を通してグライダーやヘリコプターなどの原型ともいえるものを考案しますが実際に実現はしなかったものの19世紀以降科学分野が発達するにつれて、その先進性が再注目されました。

近代的合理精神の持ち主レオナルド

ある時近くの山頂から貝殻の化石が発掘されました。

当時の人々は旧約聖書のノアの箱舟伝説が証明された!と思いました。

つまり旧約聖書の物語にある大洪水によって、山頂まで海水が押し寄せ、そのときに貝殻が混じって運ばれ取り残された結果だと思ったのです。

しかしレオナルドは逆に地殻変動によって、海底が隆起した結果だと言い当てたのです!

 

 

ジョルジュ・ヴァザーリの壁画の後ろにレオナルドの失われた壁画?

1557年、フィレンツェ、ヴェッキオ宮殿の五百人広場の改築に伴い、あのミケランジェロとの天才対決で失敗に終わり放棄されたレオナルドの壁画の上に画家、彫刻家であり著述家のジョルジュ・ヴァザーリが壁画を描くことになりました。

それが現在見られる「マルチャーノ・デッラ・キアーナの戦い」です。

しかしレオナルドの崇拝者だったヴァザーリは、尊敬するレオナルドの絵を消すなど出来ず、手を付けられなかったという話があります。

時を経て現代、1970年代の調査で絵の上部のフィレンツェ兵士が掲げる軍旗に「Cerca trova(探せ、さすれば見つかる)」というなにやら意味深な言葉が見つかったのです。

これはレオナルドの壁画が隠されている暗号ではないか?と主張する米・カリフォルニア大学サンディエゴ校の美術史家マウリツィオ・セラチーニ氏によって調査がなされました。

壁に小さな穴を開けて小型カメラを通してその裏側見てみると、なんと!壁の後ろに2.5㎝ほどの空洞が確認できたのです。

そしてそこから採取した砂粒をⅩ線分析してみると、レオナルドが当時使用した絵具の成分と似ていることが分かりました。

やっぱりヴァザーリはレオナルドの絵を塗りつぶさずに自分の絵の裏に隠したのでしょうか?

 

残念ながら現在は政治家や市民の反発を受けて調査は中断されており、これ以上詳しいことは分かっていないようですがセラチーニ氏は次のチャンスを待っているということです。

 

 

【ダ・ヴィンチに関するお勧め記事】

・”万能の天才”レオナルド・ダ・ヴィンチを分かりやすく解説します。

・万能の天才”レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯を詳しく解説します。

・ダ・ヴィンチ珠玉の名作を解説!

・天才の技術!ダヴィンチの技法について詳しく解説します。

 

関連記事

  1. 天才ピカソにまつわる数々のエピソードを紹介します!

  2. 『近代絵画の父』ポール・セザンヌの生涯と作品を解説します!

  3. ”万能の天才” レナルド・ダ・ヴィンチを分かりやすく解説!

  4. ”静謐な光の画家”フェルメールの作品と生涯を解説します。

  5. 『色彩の魔術師』アンリ・マチスの生涯と作品を解説します!

  6. モネにまつわるエピソードを紹介します。

  7. 史上最高額の絵画!レオナルド・ダ・ヴィンチ幻の作品「サルバトール・ムンディ」

  8. “万能の天才”レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯を詳しく解説!

  9. ダ・ヴィンチ珠玉の代表作を解説!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

おすすめ記事

  1. 「画家の中の画家」バロックの宮廷画家ベラスケスをご紹介します!
  2. サルバドール・ダリ、その技法と画風をたどる!
  3. 『不可思議な世界!』ダリの代表作を徹底解説!
  4. 『奇才?天才!』ダリの生涯を詳しく解説します。
  5. 『シュルレアリスムの奇才!』サルバドール・ダリの生涯と作風を解説します。
PAGE TOP