注目の記事 PICK UP!

【美術館での手引きに】西洋絵画を読み解くための《象徴(シンボル)と寓意(アレゴリー)》をご紹介します。(後編)

こんにちは。管理人の河内です。

この記事では前回に引き続き、西洋絵画に登場する動物や植物などが持つもう一つの意味、シンボルや寓意などをご紹介していきたいと思います。

 

前回の記事はこちらをご覧ください。⇒【美術館での手引きに】西洋絵画を読み解くための《象徴(シンボル)と寓意(アレゴリー)》をご紹介します。(前編)

 

【植物編】

 

樹木・・・樹木は生命そのものを表し古代から世界中のあらゆる場所で聖なる対象、崇拝の対象とされています。

グスタフ・クリムト作《生命の樹》

春から夏には葉が生い茂り花を咲かせ、秋から冬にかけては葉が落ち一度は死を迎えます。そして

また春には再生する。こうした命の循環は、どんな文化でも生命や生命力の象徴となることは誰でも納得がいくと思います。

 

さらに根は地中に、幹は地上、枝葉は空中と三つの世界にまたがっていることから冥界、現生、天界と宇宙全体を表すものとして各地の神話などにも登場します。

 

 

…花は実に多くのシンボルでありアトリビュートになっています。

分かりやすいところでいうと、“春の寓意”であったり、女性や性的なものの象徴であったり、多産や豊穣のシンボルなどです。

ボッティチェリ作《春》に登場する花の女神フローラ

しかしその美しさが長続きしないことから、人生や美の儚さ、転じて死を感じさせる場合にも使われます。

さらにその魅力や美しさから清純さ、美徳、色欲、不道徳まで相反する意味合いが付与されるのも花の特徴といえます。

 

 

リンゴ…「禁断の果実」として最も有名なシンボルかもしれません。

アダムとエヴァが楽園を追放されるきっかけとなった“知恵の実”が何であるかは聖書には書かれていませんが、西洋絵画では多くの場合リンゴによって表現されます。

このことから“原罪”の象徴ともなっています。

 

旧約聖書のアダムとエヴァが、神から禁じられていた『知恵の実』を食べたことで神の怒りを買い楽園を追われました。

そして人間は死する存在となったばかりか、女は出産の苦しみを与えられ、男は土に返るときまで食べるために額に汗して働くことになりました。

 

この時の「知恵の実」がリンゴだとはどこにも書いていないのですが、リンゴをラテン語で“malum”といい、この言葉には『悪、災難、罰』などの意味もあることから知恵の実をリンゴとしたのではないかという説があります。

ルーカス・クラーナハ作《アダムとイヴ》(部分)

 

 

 

ザクロ…多くの種を持つことから多産と繁栄の象徴。

キリスト教では、その多数の種を「多様の統一」と考え、多くの人々を統括する権威としての「教会」や「君主」の象徴としました。

 

さらにその赤い実と果汁から血の象徴でもあります。

 

イエス・キリストの受難の象徴である一方、不死や復活の象徴ともされています。

そのため聖母子像の絵画には、ザクロが多く描かれています。

《柘榴の聖母》ボッティチェリ作

《柘榴の聖母》ボッティチェリ作 1487年

 

 

白い百合の花・・・純潔を象徴する聖母マリアのアトリビュート。

シモーネ・マルティーニ作 1333年《受胎告知》天使とマリアの間に白い百合が描かれています。

聖書の中に聖母と百合を関連付ける表記はありませんが、百合は古代から豊穣女神の聖花とされてきたことから、それがいつしか百合の持つ清純なイメージと相まって聖母のアトリビュートとなったようです。

 

百合が聖母マリアと関連付けられたのは2世紀以降のことで、マリアの死の3日後に彼女の墓を訪れると薔薇と百合しかなかったという伝説が広まり、純白の花弁がマリアの汚れなき身体を、黄色い花粉のおしべが黄金に輝く魂を表すとして聖母復活の象徴となりました。

 

 

赤い薔薇・・・愛の象徴。美の象徴でもありますが、ひるがえってこの世の儚さという意味もあります。

古代から神聖な花とされ女性性器のシンボルであり、処女の経血と関連付けられ生殖と豊穣を象徴する聖花として大母神に捧げられてきました。

 

古代ローマではヴィーナスの聖花。

 

また《棘のない薔薇》は、4世記、ミラノの司教聖アンブロジウスが、アダムとエヴァが原罪を犯す以前の天上の薔薇には棘がないと語ったことから、無原罪とされた聖母マリアを「棘のない薔薇」とも呼ばれ、マリアのアトリビュートとなりました。

《薔薇垣の聖母》シュテファン・ロッホナー 1400年

《薔薇垣の聖母》シュテファン・ロッホナー 1400年

 

 

アネモネ…その赤い色が血を連想させることからキリスト磔刑の場面で流された血を表し、死を象徴する。

 

カーネーション…現代では母の日に送る花として定着していますが、イエスが磔刑で亡くなった時、聖母マリアの目から流れた涙がカーネーションになったという伝説があり、ここからイエスの受難と聖母の悲しみを表す花となりました。

 

またフランドル地方(ベルギー、オランダ)では結婚の際に新婦がこの花を付け新郎が探すという習慣があったことから、15,6世紀のフランドルで描かれた肖像画でカーネーションを持っていればその人物の婚約を表しています。

《カーネーションの聖母》レオナルド・ダ・ヴィンチ作

 

 

オリーヴ・・・オリーヴの枝は勝利と平和との象徴。

旧約聖書の有名な《ノアの箱舟》で、ノアが神の怒りによって起こされた大洪水が収まったかどうかを調べるために鳩を放ちました。

その鳩が、オリーヴの枝を口にくわえて戻ってきたことでノアは嵐が収まったことを知るのですが、

このお話から鳩とオリーヴは神との和解を表し、平和の象徴となりました。

 

またギリシャ神話では、主神ゼウスを讃えるオリンピック競技のためにヘラクレスがオリーヴを持ち帰ったとされ、栄誉や繁栄の象徴となりました。そのため“名声”や“平和”の寓意として描かれる女神たちがオリーヴの枝を手にしていることが良くあります。

 

 

月桂樹…月桂冠は勝者にかぶせるものとして名声の寓意や勝利の寓意のアトリビュートです。

ドミニク・アングル作《ホメロス礼賛》(部分)1827年

 

 

糸杉・・・糸杉は、常緑樹であることから永遠の命を表し、オベリスクのような形状は男根に見立てられ豊穣神に捧げられた木とされてきました。

しかし大地母神の暗黒面(冬、冥界、死)に結び付けられるようにもなります。

死と結びつけられたことでヨーロッパでは糸杉は墓地に植えられ、棺桶の材料として用いられてきたことから死の象徴として描かれます。

《受胎告知》レオナルド・ダ・ヴィンチ

《死の島》ベックリン作 1883年

 

 

 

果物(果物籠)…植物の果実である果物は、子孫繁栄の隠喩であり、豊穣や大地の寓意。

アダムとエヴァが「知恵の木の実」を食べるという“原罪”を犯したことから、人間は死すべき存在となったとされ、そこから“原罪”や“人間の貪欲”を表すようにもなりました。

アルチンボルド作

 

 

ブドウ…秋の寓意。ギリシャ神話のブドウと酒の神デュオニュソス(バッコス)のアトリビュート。

《バッコス》カラヴァッジョ作

キリスト教では『ヨハネによる福音書』にはカナの婚礼にて、イエスは水を葡萄酒に変える奇跡を起こし、『マルコによる福音書』では皆に渡した杯の葡萄酒を「これは、多くの人のために流される私の血である」といっていることから、ブドウはイエス自身を表しワインはイエスの血の象徴となりました。

パオロ・ヴェロネーゼ作《カナの婚礼》)(部分)1563年

古来よりワインの原料となるブドウは、神にささげる供物であり豊穣の象徴でもありましたが、その赤い色から生贄の血をも表してきました。

 

 

 

 

【色・模様編】

金色・黄色・・・光=神の色

 

黄色・・・黄色は中世絵画ではイエス・キリストを裏切ったユダの色として、またユダヤ人の色として否定的な意味合いの色で、当時蔑まれた人々の衣服に用いられました。

《ユダの接吻》ジョット・デイ・ポンドーネ作

《ユダの接吻》ジョット・デイ・ポンドーネ作

 

 

 

・・・天空の色=天を象徴する。聖母マリアのマントに使われる。

 

縞模様・・・中世では黄色と同じくユダなど否定されるべき人物の服の模様として描かれたほか、現実においても死刑執行人や売春婦、道化などの社会のアウトサイダーが身に着けました。現在でも映画や漫画で囚人服に縞模様が使われているのはそのためです。

・・・神との契約の成就を示す。

《ノアの方舟》ドメニコ・モレッリ作

 

 

まとめ

いかがでしたか?

長い歴史を持つ西洋美術では、シンボルやアトリビュートなどの約束事がいくつもあるのですが、私たち日本人にも通じる理解しやすいものもあれば、なじみの無いものもあり、知っていると知らないとでは絵を読む目がぐっと変わってきますよね。

 

管理人がこの記事を書くに当たっていろいろ調べたところ、例えば「蛇」のように同じものなのに全く正反対の意味を持つ(知恵の象徴でありキリスト教下では邪悪の象徴でもある)ものもがかなりあることに驚きました。

 

私たちは西洋美術とひとくくりに見てしまいがちですが、ヨーロッパは広く歴史も文化も様々あり、一つのアイテムも多義的な解釈を知っておくことはとても大切ということですね。

やはり美術の世界は奥が深い!なかなか一筋縄ではいかないところがまた深みに入り興味が尽きないところです。

 

ここに挙げたものはほんの一部ですが、皆さんの絵画鑑賞の手びきとしていただければ幸いです。


【象徴と寓意・アトリビュートに関するその他のおすすめ記事】

・【美術館での手引きに】西洋絵画を読み解くための《象徴(シンボル)と寓意(アレゴリー)》をご紹介します。(前編)

・【象徴と寓意】絵に描かれたものには裏の意味がある?

・美術鑑賞の手助けとなる西洋絵画における”象徴と寓意”についてご紹介します。

関連記事

  1. 【実践!背景の描き方】油絵の背景ってどう描くの? その②

  2. 【油絵の筆の選び方を教えて!】筆選びのポイントを解説します!

  3. 【寓意と象徴】絵に描かれたものには裏の意味がある?

  4. 【新シリーズ】ニッチで実践的な絵画入門!

  5. 【油絵具の選び方】油絵具を買う時の注意点を解説します!

  6. 【実践!背景の描き方】油絵の背景ってどう描くの?

  7. 【基礎デッサン・ガラスってどう描くの?】ガラス瓶の描き方

  8. 【油絵具の選び方】油絵具を買う時の注意点を解説します!

  9. 【デッサンの基本】デッサンをするときは目を細めろ!その②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

おすすめ記事

  1. 【基礎デッサンその前に…鉛筆の削り方を教えて!】初心者・独学者のための鉛筆の削り…
  2. 【あなたの知らない贋作の世界】
  3. パブロ・ピカソの代表作『ゲルニカ』を徹底解説! なぜゲルニカは白黒なのか?
  4. 【美術館での手引きに】西洋絵画を読み解くための《象徴(シンボル)と寓意(アレゴリ…
  5. 【美術館での手引きに】西洋絵画を読み解くための《象徴(シンボル)と寓意(アレゴリ…
PAGE TOP